C.Schoolとは?

C.Schoolのコンセプト

C.School(シー・スクール)はオンラインで英語を学び、それを生かして英語で様々な海外のオンライン授業を受ける事が出来るようになろうというものです。これにより、グローバルな人材育成の一翼を担う事ができればという思いで運営されているサイトです。

日本人強化大作戦!

日本人は先進国の中でも母国語以外を使わない極めてまれな状況にあります。海外にある様々な情報が手に入らないというのではとても視野が狭くなってしまいます。日本が豊かになるために必要なのは日本人がもっと海外の事を知り、日本を俯瞰してよりよい日本文化の発展に寄与することです。そのためには多くの外国人とCommunication(コミュニケーション)が取れるようになることが大切です。

相手と意思疎通ができることで、より世界と仲良くできる日本になるに違いありません。

日本人は英語が苦手?

日本人は外国語の習得が不得意とされていますが、何も語学習得能力が低いというわけではなくて、語学の必要性によるところ大きいです。

日本は世界的に見ても生活していくうえで必要なもの、基本的なものがきちんとそろっているため、人が生きていく為には不自由な事があまりありません。言葉もそのうちの1つで、日本列島の中には日本と言う国1つだけですので、他の国の言葉を使う機会も殆どありません。日常生活をしていて英語を知らないと困るという事はまずありません。そのため英語を勉強しても「必要ない」ので身に付かないのです。

英語を学ぶことを目的としない!

「英語」というものを学ぶのではなく、「海外の授業を受けたいから英語が必要」という考え方で学んでいきましょう。英語はあくまでコミュニケーションを行うために必要なツールです。目的は自分の知識や見分を広げる事で、そのためには「英語が必要」という事が大切です。

英語を身に着けることで、世界中で共有されている無料の動画や無料の大学などを活用してより広い世界を学ぶことができます。 日本語だけで展開されているコンテンツがどれだけ少ないかを知ることができるでしょう。

C.schoolが目指すグローバル人材

C.Schoolでは、日本人がより世界から学び、自国の良さを再発見してその良さを成長させていけるような人材育成のお手伝いができればと考えています。グローバルな人材とは以下のような人をイメージしています。

  • コミュニケーション能力が高く、主体性・積極性・チャレンジ精神・柔軟性のある人
  • 他人の意見を尊重し、多くの人と協力できる人
  • 異文化へ理解を示し、自国の良さを発展させることに寄与できる人

インターネット時代、様々な情報が誰でも手軽に手に入れる事が出来るようになりました。C.schoolでは最も世界的に使われている「英語」を取得することでより多くの情報を日本人が理解できる手助けを目的としています。

※C.Schoolは商標登録です。

C.schoolのアドバイザー -Special thanks-

C.schoolは埼玉県にある実際のインターナショナルスクール「eigot -エイゴット-」の先生たちからアドバイスもいただいています。エイゴットには米国人、フィリピン人、日本人バイリンガルが在籍していて、様々な角度から英語教育に対するアドバイスを頂いています。オンラインが飽きたら是非実際の先生たちとコミュニケーションを行ってみてください。

eigot -エイゴット- 公式サイトへ
https://www.eigot.com

免責事項

本ウェブサイトで提供している情報は、C.school独自に考え出したものから、多方面の専門家からアドバイスを受けて正確性を保っているつもりですが、本サイトに掲載されている情報を使って受けた不利益や自己などについて、当サイトでは一切の責任を負えませんので、予めご了承ください。

C.Schoolは登録商標です。