英語で「じゃんけん」とその戦略!

じゃんけんは子供たちの中で日常的に起こることです。順番を決めたり、最後に残ったお菓子をとりあったり、鬼を決めたり。英語圏でも日常的につかわれています。その言い方とやり方、そしてなんとこの古典的なゲームにも戦略があるという動画を紹介します。

家族でも使ってたのしみましょう!

英語で「じゃんけん」

グー・チョキ・パーは?

日本だと、グー・チョキ・パーという言葉を使いますが、英語だとグーの代わりに「ROCK(石)」、パーのかりに「PAPER(紙)」、チョキの代わりに「SCISSORS(ハサミ)」を使います。順番は「ROCK, PAPER, SCISSORS」といろいろ。

日本でも言葉の意味はいっしょですが、英語ではその意味をそのまま使います。

かけごえは?

英語での掛け声は、「Rock, Paper Scissors, Shoot!」とShoot! を付けます。Shootのかわりに「Go!」でもOK。日本でもじゃんけんは地域によって掛け声が全然ちがったりしますね。

Rock paper scissors Shoot!

最後につける「Shoot!」や「Go!」は、「いけー!」みたいな感じになるので、ちょっと気合の入った言葉にしましょう!

「じゃんけん」で勝つための考え方を英語で解説

さて、この昔からある「じゃんけん」ですが、これには勝つための戦略があるという動画を紹介します。2分程度の英語の動画ですが、相手が何を出すかを予測(Prediction)するための思考(Thinking)について話しています。ちょっと動画を見てみましょう!

How to win at “ROCK PAPER SCISSORS”

Vocabraly ボキャブラリー

Predict (予測する)、 Opponent(相手)、 preference(好む)、theories(理論)、draw(引き分け)、Strategy(戦略)、sticking(固執する)、Hopefully (うまくいけば)、Reasonably(合理的に)

Expressions 表現

動画の中で出てくる表現を知っておきましょう。

It gives us an edge. (優位性がえられる)

It could be because ~ (~が理由かもしれない)

It could be because you are lucky. (君が運がいいからかもしれないよ)

It is mentihoned ~ (~が言われている/言及されている。)

It is mentioned in goverment website. (政府のウェブサイトで言われています。)

Sentences 文章

動画では3つのTIPで解説しています。以下の文章をしっかりと聞き取って真似して話してみましょう。

<TIP1> KNOW WHERE TO START

1個目のTIPでは「なにではじめるかをしる」という事です。じゃんけんの最初に人が出したくなるものとその理由とは。

The game is mainly about predicting and reading your opponent.

Research has shown that there is a slight preference for people to begin by playing rock.

There are different theories about why.

人間の心理のなかにはいろいろな思惑があるようで、多くの人が以下のような理由から影響をうけているようです。

It could be because it is mentioned first in the name of the game.

It could be because rock is similar to a fist which seems powerful.

If we know that, it gives us an edge.

<TIP2>IF THEY LOSE THEY’LL PROBABLY SWITCH.

TIP2では、自分が勝った場合、負けた相手は負けたものをまた出したくないという心理になる場合が多くあるようです。

Research shows that people who lose a hand tend to change.

So there is a reasonable chance that our opponent will change to scissors or paper.

Just play scissors and we should either win or draw.

ここまでの文章で、勝つかまたは引き分けにもっていく方法がかかれていましたが、もしプラン通りにいかずに相手が勝った場合について次のTIPで考えていかないといけません。

What if it doesn’t go to plan and your opponent wins?

Perhaps they know a bit of game strategy too.

そう、相手もその戦略を若干知っている可能性があります。

<TIP3>DON’T BE PREDICTABLE

TIP3では予測できなくする方法です。

If we lost the previous hand then our opponent might reasonably expect us to switch to something else.

長い文章ですので解説をいれますが、If we lost the previous hand …. 「もし前の手を使って負けたら」といっています。相手はTIP2までの理論をしっていてそれを予測して手を変えた可能性があるというのです。

This gives us our final edge.

でもこれによって、最終的な優位性をあたえてくるというのですが、どういうことでしょうか。

Surprise them by sticking with our previous choice.

Hopefully they will switch, expecting us to switch, and it should improve our chances.

うまくいけば、手を変えるという事を予想して相手も手を変えるという事で、私たちのチャンスもさらに広がります。

The less predictable you are, the better chance you have of winnning.

じゃんけんは予想合戦という事で、以下に相手の裏をかくかというのが大事という事です。

まとめ

英語でのじゃんけんの方法と、じゃんけんで勝つ方法を英語で説明した内容です。表現のところで解説した「It gives us an edge」は直訳すると、「それは私たちにエッジを与えます」という意味不明な言葉になりますが、edgeとは最先端とか、優位性という意味もありますから、「わたしたちを有利にする」という意味になるわけです。

じゃんけんにも戦略があるということです。